2005年09月24日

スノウ


「あれからどうしてるの?」 機械仕掛けの手紙を読み返す
「わりと元気だよ」 嘘は言わない だけど強がって見せるよ
それなりの月日は流れ、流れ、そして今ここにいる
同じように君にも時は流れ どこかにいるんだろう

忙しい時は気持ちさえ揺らしてしまう そう思ってたけど
なんとなく知ったつもり 二人にはまだその時期じゃなかったね
出逢ったときから 不思議な力が働いていたように
今だって 心のどこかで君を探し続けてるのかもしれない (still asking myself)

追いかけた思い出は 過去へと逃げ去ってしまうから
未来の自分と会うために今は進み続けるよ
たどり着いたその先に 君はまだ見えないけれど
何かを信じ続ける力が 僕のたった一つの強さなのだから

それから何日も 送らない手紙を書き続ける
春夏駆け抜けた、だから寒さは少し身にしみるみたい
やけに強い陽射しが 冷たく僕を照らし続けるよ
気付けばまたほら 思い出の場所に一人佇んでいる

離れなければあのまま一緒にいられたの? ふと想像してみても
どこかしっくり来ないあたり 君と似ているのかな
思い返せば何をするにも手探りだった それが好きだった
純粋な愛(かたち)を求める 孤独な旅人のようで (still finding something)

季節は僕らに構わずに ただゆっくり過ぎてゆくけど
思い出は時を重ねるごとに輝いてしまうから
後悔の日々を解き放とうと 無理をしてもすぐに思い出す
君の笑顔が浮かんでは消えるよ 季節と共に舞い散る雪のように

いつかまた会えるなら その日まで忘れずにいるだろう
振り向かずに去ってゆく君の背にかけた言葉
「元気をくれて、優しさをくれて、ありがとう」

追いかけた思い出は 過去へと逃げ去ってしまうから
未来の自分と会うために進み続けるよ
たどり着いたその先に 君はまだ見えないけれど
何かを信じ続ける力が 僕のたった一つの強さなのだから

季節が二人を選ぶなら 僕らに夏の恋は無理だったのかな?
きっと君の名前が物語ってる

ねえ、そうだろう?


Words & Composed by AKI-KOS
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一輪の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

Sunny Smile


窓を開けて取り込む酸素 1日のページめくる朝
隣の街を目指して スタートダッシュ もう遅刻はこりごり

空色の風に包まれて 鳥たちの歌声に耳澄まし
近づく鉄の馬に乗り込んで 景色は遠ざかる

時の流れに逆らって たまには溺れてみるのもいい
オレンジ色の太陽はそれでも見つめている

さぁ両手広げて深呼吸してみて 何もかも吹き飛ばそう
すべてが自由な世界への鍵 握り締めているなら
さぁ陽だまりの中で笑ってはしゃいで 飛び越えてみよう
その笑顔がきっと世界を救う 明日へのパスポート

時計仕掛けの日々に戻り やけにあわただしい朝に
ふと目にした幻は 遠い遥か彼方の記憶

新しい曲でも聴いて 心から何かを求める
少し前向きに生きてく日々もそろそろ始まりそう

さぁ寝転んでみて広い空眺めて 何もかも呼び込もう
素敵だねと言われる笑顔ふりまけば 傷も癒えるから
待ち焦がれた晴れの日心も乾かし 水しぶきが光る
いつかは叶うさ その願いだけが 明日へのパスポート

さぁ両手広げて深呼吸してみて 何もかも吹き飛ばそう
すべてが自由な世界への鍵 握り締めているなら
さぁ陽だまりの中で笑ってはしゃいで 飛び越えてみよう
その笑顔がきっと世界を救う 明日へのパスポート

その笑顔がきっと世界を救う 明日へのパスポート


Words & Composed by AKI-KOS
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KOSMOS and KAOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

天空のヒロイン


「やっぱりダメだったのね」
疲れた顔にとどめを刺すように 悪戯な笑顔を振りまくの?
チャンスはまだあるさ なんて強がっても言えやしない

新しい朝に期待して 眠ったあの夜の DREAM
アダムとイブすら生まれない 原始に戻ったかのように

傷んだ今を生きる旅人に 慰めなんて逆効果
それとも君は そんな僕をからかって楽しむのかい!

もしも天空から聖女が降りてきたら 未来を占ってもらいたいね
裸足のままでも 別に怖がらないから 駆け抜ける道を示してほしい

「失敗だらけだよ」
唯一言える言い訳なのに ただ笑って見ているというの?
明日頑張ればいいさ 無理に自信を持ってみせる

ダイスで1日を決めたら わりとうまく行く気がする
今の自分に 足りないのは何かを信じ続けること

やがて天空から聖女が降りてきて 遠い記憶を戻してくれる
綺麗すぎる思い出たちが 一片の光に変わってゆく
眠気に勝った瞳を開けてみたら 不思議そうに覗く君がいて
どうしてだか理由は知らないけど ただぎゅっと抱きしめてみた

星の巡り 月の道筋 光と影 どれを取っても僕には MISTERY
もしも天空から降りてくる希望に 身をゆだねていいのか迷わされる
でも時に思うんだ ともに歩む相手は 案外すぐそばにいたりしてね?


Words & Composed by AKI-KOS
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE ATTRACTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日


もうすぐだよと ささやく蕾に振り向いてみた
今年も待っているからと 自然と口をつく言ノ葉

あの時と同じ そう同じ春がやって来るのに
どうして 僕の心に君は居場所を作るの?

やがて咲き乱れる花を 目にする前に
一つだけ願いを叶えて 神様がいるなら・・・

季節の変わり目から いつの間にか霞む景色
その先には 誰が待っているのだろう
あの桜の花びら 舞い落ちる前に 言えるかな?
胸に抱いた 遠い日の想いを

吹き抜ける風 君の髪に花びらを運んだ
気づかぬふりして歩いてた 他愛ない話が空に舞う

「1人で生きて行けるの」 澄んだ眼差しで言ったね
でも気づいてたから 言葉ほど嘘をつくものは無いって

桜舞い散る時だけ 2人に魔法がかかる
今言うから 雨よまだ降らないでいて
君だってきっと 気づいてるだろう 花が散ったら
もう向き合えない 遠い日に戻るって

季節の変わり目から いつの間にか霞む景色
その先には 誰が待っているのだろう
あの桜の花びら 舞い落ちる前に 言えるかな?
胸に抱いた 遠い日の想いを


Words & Composed by AKI-KOS
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KOSMOS and KAOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

最終的幻想


どこまでも、続く道を
どこまでも、続く想いを
駆けて、駆けて、駆け抜けて

道は、目的  想いは、力
どんな障害があっても、走らなきゃ
想いがある限り、ずっと
そうして、想いは言葉へと綴られる
――聴かせてよ、君の声

だから、僕は駆けるんだ
だって、僕は走れるんだから
――きっと、追いかけなきゃ、いけなかったんだ

薄羽に洩れる、白き光が
やけに眩しく、僕を仰ぐ
――凄く、神秘的なヒカリ

蒼天に映える、白き月が
やけに優しく、僕を愛で
――心まで、見透かされそうで

暗闇を照らす、白き翼が
やけに暖かく、僕を包み
――凄く、神秘的な、セカイ

それでも、僕はまだ応えられない
まだ、僕は未熟なんだ

「元気をくれて、ありがとう」
最後に、優しく微笑んで
僕はまた、走り続ける――


Words by ライガーハート
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

栗色のアルエ


栗色の髪似合う女の子 何故いつも寂しそうなの?
窓際に置いたコスモスも きれいな顔背けている
赤色がよく似合う女の子 自分の心気づいてる?
窓際に置いたCOSMOSも 自分の色を知らないの

いつか君は枕元濡らして 鋭い視線を投げかけて
怒ったようにつぶやいた 「アタシハヒトリデヘイキナノ」

ハートに負った火傷を 僕がゆっくり冷やすから
少し軽めの包帯を探しておいで

悲しいときは目の前で 大声出して泣いてよ
そんな暑いトコ今すぐ出ておいで アルエ

僕の大切なアルエ 一人で考え込まないで
僕もいっしょに悩んでる 僕もいっしょに笑ってる

ボクノタイセツナアルエ 本当は向き合いたいんだろう
僕はいつでもそばにいる 僕がこれからそばにいる

君は人より少しだけ 使命を背負った女の子
「ワカッタヨウナクチキカナイデ ナグサメナンテイラナイ」

ハートに負った火傷を 僕がゆっくり冷やすから
力を抜いて笑える準備しといて

苛立つときは目の前で 大声出して叫んでよ
そんな暑いトコ今すぐ出ておいで アルエ

ハートに負った火傷も もうすぐ全部治るよ
一人抱えずに笑顔を見せてごらんよ

「ウレシイトキニサケベタラ」「カナシイトキニナケタラ」
そんな暑いトコ今すぐ出て こっちにおいで

ハートに咲いたコスモスが 燃えないように育てよう
夜でさえもきれいな顔を揺らして笑う
どこまでも続く坂道は 君が生きてる証拠さ
新しい明日を僕らといっしょに 迎えよう


Remaked from BUMP OF CHICKEN

Words: AKI-KOS & Moto Fujiwara Composed: Moto Fujiwara
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | REMAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年07月12日

DO YOUR BEST


Don't give up, and do your best!
さあ走り出そう やがて訪れる明日へ

不器用な日々 今思えば 真っ直ぐすぎる僕らがいた
小さな嘘さえ許せず 時に空回り

そしてここには今の僕ら 褪せた瞳に何を写す?
偽りに身を任せ 気づかずに自分を見失う!

幼い日から生きてきた 街の景色さえどこか懐かしい
Don't give up, and do your best!
焦らずに進もう 自分らしくあるために

思い通りに行かない日は 全てを棄てて逃げ出しそう...
その痛み できるなら勇気に変えてしまえない?

Don't give up, and do your best!
あきらめた未来の数だけ 僕は僕らしく
Don't give up, and do your best!
信じ続けよう 光追いかけた日々を

夢を信じた僕らなら やがて辿り着くもう1つの世界
Don't give up, and do your best!
焦ることはない 歩幅を少し広げて

Don't give up, and do your best!
旅立つのならば 今しかないだろう... do your best!!


Words & Composed by AKI-KOS
posted by 秋色コスモス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KOSMOS and KAOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

★はじめに★

サイト『最終的幻想』が、幻を抱えたまま消えそうです・・・

さらば!3年と3ヶ月の間よく頑張ったね!!

このまま作品ごと消してしまうのも勿体無いので、

別にアップしても問題ない(と思われる)

これまでの軌跡を貼り付けていきたいと思います。

(当面ここはmixi利用者向けのコンテンツですねw)
posted by 秋色コスモス at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。