2007年10月26日

Future Lover


「お疲れ様」の一言で終わる日常
またいつもの別れ 今日も来週も

何気ない言葉に振り回された
その意味が 今になって胸を満たす

あぁ 時は僕をだいぶ大人にした
あぁ 今さら気づいても…焦るだけだよ

君のいつもの仕草に
君のいつもの言葉に
未来を重ねてみたいけれど もう遅いの?

秋風はただ悲しく
泣き声を響かせるよ
この気持ちを言葉にするのは 明日にしよう

別に一人でいることは嫌いじゃない
未来を憂うほど気落ちしてるわけじゃない

何気ない場面で胸熱くなる
その時に いつも君がいたなんて

あぁ 時のベクトルは僕を両極に
あぁ 初めて思った 昨日に帰りたい

君が好きだよなんて
むしろ愛してるなんて
カレンダーをめくればめくるほど 言えなくなる

来年の今ごろには
二人の距離はどれだけ?
未来図はもう描けない 色が少なくて

あぁ 君しかいないってわかってるのに
あぁ 最後に素直になる時間をください

君のいつもの仕草に
君のいつもの言葉に
未来を重ねてみたいけれど もう遅いの?

さよなら大好きな人
勝手な僕を許して
君と未来を歩くことは 夢にしまうよ

明日も会えるけれど

さよなら

君への想いは きっとこのまま


Words & Composed by AKI-KOS

クリックにご協力下さい☆blogbanner2.gif
posted by 秋色コスモス at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 一輪の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。